ブログに起承転結は必要ない「武器としての書く技術」イケダハヤト著 感想

わたしはブログの文章を起承転結させるべきだと思っていました。

しかし、イケダハヤトさんの著書「武器としての書く技術」によると、ブログに起承転結は必要ないことがわかります。

それはなぜか?ブログの収益化を考えるならば、人に読んでもらえないことには何もはじらまないからです。

文字数を気にして結論をもったいぶってしまうと離脱される

「最低2000字は書かないとGoogleによく思われない」と考えて蛇足が多くなっていませんか?

少なくともわたしはそうです。例えば、「Aを効率良くする方法」というタイトルなのに、一つ目の見出しで「Aについて」といった無意味な説明から入ってしまうなど。こういう下書きがたまっています。

ブログノウハウに振り回されて長文化した文章は読んでもらえません。良くて必要なところまでスクロールされるのがオチです。実際、わたしも読者側の時によくします。

文字数稼ぎで無理やり冗長にした文章は読まれません。

起承転結するより読者の興味を維持するのが先決

悠長に起承転結している場合ではありません 。まず 、結論 。まず 、サビ 。これを意識しておくことです 。

出典:武器としての書く技術

早々に結論を示し、1000人中たった1人でも「なんで?」と思わせることができたらこちらのもの。そういう人にこそ続きを読んでもらいましょう。

欲張って万人受けを狙った結果、全ての人にページを離脱されたのでは得るものは何もありません。

まとめ

結論は早い段階で言い切ってしまおう!
そこに至るまでの理由は後で書いても遅くありません。

Sponsored Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です